吉良義央ブログ

  • 2006.06.12 Monday
  • 11:50
マイナーですが忠臣蔵の吉良です。

たまたま道で拾ったノート。それが僕の運命を変えた。その本の1ページ目にはこう書かれていた。

『人間の顔を思い浮かべその名前を書くと、その人間は死ぬ。』

初めはただの子供のいたずらだと思っていた。第一現実的ではない。しかし、面白い。本の1ページ目には詳細に人の死のルールについて書かれている。どうやら死神がこのノートの所持者で、人を殺しているという設定のようだ。

ただの遊びのつもりだった。ストレス解消の為に、田舎者で癇に障る浅野内匠頭長矩の名前を書いた。本当に、ただの遊びのつもりだった。しかし、結果浅野内匠頭長矩は死んだ。

僕が、殺した。

僕はとんでもないものを手に入れてしまった。これは危険な兵器だ。これは人間の世界にあってはいけないものだ。しかし。

しかし、これがあれば善良な人間が損をしない、新しい世界を創ることが可能なのではないだろうか。そう、そして僕はその新世界の神となるのだ。

このノートはその為にあるのだ。僕は決心した。これからこのノートによって、世に裁かれない悪を僕が裁く。まずは失くしては大変だから自分の名前を書いておこう。




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

偉人ブログ
偉人ブログ (JUGEMレビュー »)
パンティ 田村
ほとんど書き下ろしです。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM