織田信長ブログ【みかん】

  • 2011.11.09 Wednesday
  • 00:00
こないだまでのシリーズは飽きたから終了じゃ!!書きたいものを書く!それが漢じゃ!!

クハハハハハハ!!我が名は織田信長!第六天魔王である!!
この世は力が全て!力が無いものは死する運命にある!!
頑強な肉体をもってこの世の全てをひれ伏させるのだ!!

さあ、ひれ伏せい!!



***

7月の朝6時はもう昼間とおんなじくらい明るい。でも、道には誰も歩いてない。あたしのために用意された道みたいでちょっと気分がいい。夏服の制服の袖を少しまくって、いつもはバスに乗る道を走ったり歩いたりしながら学校に向かった。

高校に入ってから3カ月が経って、放課後は毎日ネネちゃんとアヤと、黒板に落書きをして2組の明智くんはかっこいいとか、地理の柴田先生はたまにいやらしい目で見てくるとか、そんな話をしてる。

会心の出来の柴田先生の似顔絵も、やっと解けた数学の問題も、次の日の朝、学校に来ると綺麗に消えてる。ほんと、ものすごく綺麗に。はじめはうちのクラスの日直の出来が良いのかと思ったけど、アヤが日直の時も同じように消えてたので、まあ、毎日誰かが消してくれてるんだろうなって思ってた。

朝7時。誰もいない教室に一番乗り。ここはあたしの陣地だ!と叫ぼうかと思ったら、背の小さい、色の白い男の子が黒板を拭いてた。あぶない。叫ぼうとした口の形をなんとか「おはよう」に変えた。

「おはよう」やさしい声で男の子が昨日のあたしの落書きを消しながら返す。えーっと、名前なんつーんだっけ。

「毎日消してくれてたんだね。てゆーか、朝めちゃくちゃ早くない?」
「斎藤さんこそ、なんでこんなに早く来たの?」
あ、あたしの名前は知ってんだ。窓際の一番後ろの自分の席にかばんを置く。
「あー。昨日の夜さ、親と喧嘩しちゃって、きまずくて。みんなが寝てる間に出てきたんだ。」
「そうなんだ。ごくろうさま。」
男の子は黒板を拭き終わると席に着いた。壁際の前から二番目。あー。そういえばそこにこんな子が居たような居なかったような。

遠くの方でハトが鳴いてるのが聞こえる。くーくるっくくー、くーくるっくくー・・・たった30秒の沈黙にも耐えられないであたしは口を開いた。

「てゆかごめん、本当に失礼なんですけど、名前なんていうんだっけ?」
「織田だよ。話すのはじめてだから、無理もないよね。」
織田はこっちを振り返ってやさしく笑いながら言った。

「や、すまんすまん。そんで織田君はいつもこんな朝早いの?」
「うん。だいたいいつもこのくらいかな。」
「え。なんで。毎日親と喧嘩してんの?」
またやさしく笑う。ぽーっとした子だなー。

「まさか。うちは円満だよ。斎藤さん、朝早く出てきたけど朝ごはんは?」
「食べてない。食べてないけど、一食くらい別に。つかしばらく家でごはん食べないし!」
と言った途端に、教室の端から端まで聞こえるくらいお腹が鳴った。なにこれ。雷鳴?あたしの腹だった。

「あ、僕、みかん持ってるけど食べる?」
「食べるよねそりゃ。」

織田の前の席に座ってみかんをむいて口に入れる。んまい。ってあれ?なにこれ。すごくおいしい。

「あれ?このみかん、すごく美味しくない?特別なやつ?」
「あ、ほんとに。和歌山のおばあちゃんが送ってくれたやつなんだ。うれしいな。」

へーおばあちゃんがみかん屋さんか。ええのう。あたしはみかんに夢中になりすぎるのも、と思って話を振ってみた。

「で、織田君はなんでこんな早く来てんの?」
「ああ。僕さ、あんまり体が強くなくて中学の頃はほとんど学校これなかったんだよね。だから、これる時は出来るだけ長く居たくて。」
「変わってるねー。あたしは出来るだけ居たくないけど。」
「そうかな?いつもたのしそうにしてるじゃない?」

そんな風に見えるー?と言おうとして見上げた織田の肌は、白かった。透明で、深い深い海の底にさっきまで居たみたいな白。あたしが少し、息を飲むと、長いまつげが揺れて、織田はやさしく笑った。



その日から、あたしは毎朝7時に学校に行くようになった。織田が黒板を拭いている間に、あたしはみかんを食べながらくだらないことを話し続ける。織田は「へえ、そうなんだ。」「それは楽しいね。」なんて、面白くもない相槌を打ちながらやさしい笑顔で話を聞いてくれる。

朝以外は彼とは話さなかった。ネネちゃんとアヤがいるし。たまに目が合うと、やさしく笑ってくれる。それがなんか秘密の関係みたいで楽しかった。

体育の授業がプールに変わるくらいに暑くなった日から、彼は学校に来なくなった。朝のホームルームで先生が「織田は少し体調が悪いので休んでる」と言っただけで、クラスの誰も気にしなかった。

あたしは変わらず、毎朝7時に学校に来た。ひとりだけの教室で、廊下側の前から二番目の席に座ってつぶやく。「なによ。あんたがいなくなったら誰が黒板消すのよ。誰があたしにみかんくれるのよ。」

涙が止まらなかった。ああ、あたし、織田のことが好きだったんだ。あたしは彼の手首があたしよりも細かった事を思い出した。もうあの優しい笑顔が見れなくなるかもしれないと思って怖くなって、自分の肩を折れるくらいに掴んで、泣いた。

それから、あたしはぬけがらみたいに過ごして、ばかみたいに毎朝7時に学校に行って、散々なテストの結果で親とケンカをした。全部がくだらなく思えた。夏休みまであと3日だけど、あたしは学校を休んだ。

親も仕事だし、部屋でダラダラ過ごしていると、チャイムが鳴った。無視しても、まだ鳴る。あんまりしつこかったので出てみると、宅配便だった。でっかいダンボール。開けてみると、中身はいっぱいのみかんと、手紙。




斎藤さん

元気ですか?織田です。
僕は今、和歌山の親類の家で療養中です。こちらは空気が良いので体の調子も良いです。
名古屋と同じくらい暑いけど、日陰は涼しいです。
みかんが好きだと思ったので、送ります。



そんだけかよ!そんだけかよバカ!あたしが、どんだけ!あんたのこと!バカ!!もー!ばか!

あたしは何度もバカバカって文句言いながら、笑ってみかんを食べた。やっぱおいしい。おいしすぎて、玄関でへたりこんで、笑いながら泣いた。

次の日の朝、あたしはまた7時に学校に行った。誰もいない教室。そこで、みかんを食べながら手紙を書く。織田がいなくなって毎朝黒板が汚いこと、柴田先生に授業中に怒られたこと、テストの結果で親とケンカしたこと。全部全部、くだらないこと全部書いた。

きっと織田はこの手紙を読んで「へえ、そうなんだ」って優しく笑ってくれる。でもさすがに10枚も手紙を書いたら多いな。重いかな。でもまあ、織田だし。多分気付かないでしょ。最後に、少し迷ったけど、夏休みにみかんを食べに行く。と書いた。


***

力が無いものにはおなごはついてこんぞ!!

さあ!ぬしどもも肉を喰らえい!!

コメント
ああ 最高だ
  • 名無し
  • 2011/11/09 1:55 AM
泣いた
笑いながら泣いた
  • 名無し
  • 2011/11/09 2:43 AM
あれ?この話、どこで読んだんやっけ…
  • 2011/11/09 3:07 AM
あれコレ見たことある
  • 名無し
  • 2011/11/09 3:30 AM
ちょw信長が色白で病弱とかwwどこの腐女子設定www
  • yuzu
  • 2011/11/09 6:19 AM
前にTwitterで上げた話だけど、気に入ってるのでブログにしました!
  • 田村
  • 2011/11/09 7:04 AM
きゅんきゅんする!
  • 名無し
  • 2011/11/09 7:57 AM
道理で見たことあると思った
けど面白い
  • 名無し
  • 2011/11/09 10:49 AM
うおおおおおひさしぶりいいいいい
  • 名無し
  • 2011/11/09 12:08 PM
まってました!
  • 名無し
  • 2011/11/09 12:32 PM
最高や。これ最高や
  • 名無し
  • 2011/11/09 1:25 PM
ひれ伏した。
  • 名無し
  • 2011/11/09 4:05 PM
な、泣いてなんかないんだからね!
ちょっと目にゴミがね!
  • 名無し
  • 2011/11/09 4:35 PM
夏にみかん・・・?
  • 名無し
  • 2011/11/09 8:05 PM
感動した
  • 名無し
  • 2011/11/09 10:51 PM
信長!待ってた信長!
夏ミカン甘酸っぺえ
  • 奈々子
  • 2011/11/09 10:54 PM
信長シリーズが一番好きです><
  • とっち
  • 2011/11/10 10:38 AM
パンティさんのラノベ好きだー
  • 名無し
  • 2011/11/10 5:23 PM
考えてみたら、信長様って特別ぶっとんだ話って書いてないよね。
普通の日常の、ちょっとした心の揺れ動き。
それだけなのに、こんなにきゅんきゅんさせられるなんて。
信長様がすごいの?パンティがすごいの?
  • 名無し
  • 2011/11/10 5:34 PM
いいなぁ〜!
あぁ〜なんだかスゴくいい!!
好きです(//▽//)
  • ウメフィ大佐
  • 2011/11/12 2:20 AM
やっぱ最高!w
  • 606
  • 2011/11/14 2:20 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

偉人ブログ
偉人ブログ (JUGEMレビュー »)
パンティ 田村
ほとんど書き下ろしです。

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM